2007年07月06日

うわっ、すげぇ話だな

すげぇー事件だな
そりゃー確かに人類というか人間も
自然界の動物の中の一つの種に過ぎないのは事実だが
他の種に食用にされるというのはショッキングだよね
ひどい話だな
まさか猿の惑星みたいになって
人間は家畜として食用になるなんてのは
止してれよな
あぁー、イヤな話だ
『殺人チンパンジー、車から男性ひきずり出し惨殺。顔面を食べて逃走
アフリカ西部シエラレオネのタクガマ動物保護区域に住んでいるオスのチンパンジーが素手でむごたらしく人を殺害、顔面を食べて逃走した。当局が捜索の網を広げて追跡しているが、まだ捕まっていない。
この殺人チンパンジーは「ブルーノ」。保護区域管理当局によれば、米国人らを乗せた車を
襲い、こぶしで車のフロントガラスを叩き割った。シエラレオネ人の運転手は必死に逃げよう
としたが、車は保護区域の建物に激突、身動きが取れなくなった。ブルーノは運転手を車から
引きずり出し、首根っこを押さえつけて地面に叩きつけ、両手両足の爪をはがした上に、顔をむさぼって食べて殺したという。
地元メディアによれば、この際、同乗していた米国人3人も負傷した。
・・・・・・・・・・

(ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/619006.html)
posted by keeper at 17:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

携帯アプリ開発のお話

開発したのは良いのですが
開発したって言ってもそれから後の話も大変なのではないですか
やっぱりそれが売れて使われて初めてビジネスになるのでしょ?
こういうのって人モノ金の資源を投入してある程度の投資しているんでしょ?
売れたらドデカイ金額の話になるのかな
売れるかどうかで金の廻りは極端な差があるんじゃないかな
売れたらすごいんだろうねきっと
『東芝ソリューション、携帯アプリ開発でBREWフレームワークを開発
 東芝ソリューションは3月14日、携帯電話向けプラットフォーム「BREW」上のアプリケーション生産性向上と、品質確保を目的としたフレームワークを開発したと発表した。
 BREWは、米QUALCOMM製の携帯電話向けプラットフォームで、KDDI製の携帯電話に採用されている。今回のフレームワークは、モバイルソリューション市場において、携帯電話上で動作するアプリケーションの開発需要が今後も増加していくものと予想し、生産性向上と品質確保を目的に開発された。
 フレームワークは、開発方法論とテンプレート、開発ツール、さらに企業向けアプリケーションに必要なソフトウェア部品群であるモバイル対応共通部品から構成されている。モバイル対応共通部品には、サーバ連携やセキュリティ連携、Bluetooth連携など、業務端末に必要な機能が用意されており、このような構成で提供されるフレームワークは業界初という。』
(ttp://japan.zdnet.com/news/devsys/story/0,2000056182,20345211,00.htm)



posted by keeper at 12:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。